飯田橋の整骨院をお探しの場合は飯田橋やまだ整骨院までお問い合わせください。

メニュー

BLOG

2020.10.13 更新

「サッカーの足の痛み」ボールを蹴ると内くるぶしが痛む

「サッカーの足の痛み」ボールを蹴ると内くるぶしが痛む



サッカーでボールを蹴ったり、指で押すと、

内くるぶしに痛みが出る小学生の患者さん。



お子さんが一週間前からボールを蹴ると内くるぶしに痛みが有り、

押したり、靴が当たっても痛みが出る様になり、

地元の医療機関を受診するも、

内くるぶしの痛みは良くなっていかない。




そんなところで親御さんが当院のブログを見て下さり

来てくださいました。






足の状態を診させていただくと、

内くるぶしが少し出っぱっている感じがあり、

立ってもらうと、踵が内側に倒れ、足の着きが悪くなっていました。




この足の着きを修正させてもらうと、

押した時の痛みは半分程になり、

2回目の来院時には、ボールを蹴った時の痛みは、

あまり痛まなくなったとのこと。



再度、足の着きを修正すると、

押した時の痛みはほぼ無くなりました。





踵が内側に倒れることにより、

内くるぶしや、その周辺の靭帯や腱に

負担が掛かりやすくなってしまいます。



なので、これを修正しなければ

プレーをするとまた痛みは出てきてしまいます。





こういったくるぶしやその周辺の痛みの場合

アイシングやストレッチをする。

テーピングやサポーターをする。

休息をとる。

これらが一般的な対処になるかと思います。




しかし、これらをしていっても、

なかなか良くならなかったり、

またプレーをすると再発する。

こういったケースは多かったりします。



なかなか良くならない方、

足の着きを診てみるのも良いかもしれないですね。







飯田橋やまだ整骨院
千代田区飯田橋2-6-3 プライム飯田橋1F

ご予約・お問合せ
03-3234-2082
公式LINEアカウント
友だち追加

102-0072
東京都千代田区飯田橋2-6-3
プライム飯田橋1F

飯田橋駅東口、A2・A5出口から九段下駅方面
九段下駅3b出口から飯田橋駅方面
目白通り沿い徒歩5分

受付
平日
11:00~20:30
土曜
10:00~15:00
トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。