飯田橋の整骨院をお探しの場合は飯田橋やまだ整骨院までお問い合わせください。

メニュー

BLOG

2019.08.29 更新

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛


坐骨神経は太く、長い末梢神経で腰のあたりから指先まで伸びています。この坐骨神経が圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や臀部、太もも、ふくらはぎ、指先に鋭く電気の走るような痛み、ピリピリとしたシビレ、強く張った感じや重ダルさなどの症状が生じます。

坐骨神経痛は病気や病名ではなく、神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる神経痛や痛みの総称です。たとえば椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患が原因で、坐骨神経痛はその症状名となります。






原因



坐骨神経痛を引き起こす病気としては、第一に整形外科的疾患である脊椎疾患を例にあげることができます。具体的には、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、側彎症などがあります。また『梨状筋症候群』という、骨盤内の梨状筋という筋肉によって坐骨神経を圧迫して痛みが生じることもあります。

そのほか坐骨神経痛は、閉塞性動脈硬化症や閉塞性血栓血管炎といった血管性病変、骨盤内腫瘍や脊髄腫瘍などの腫瘍性病変に関連しても発症します。なかでも腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は、坐骨神経痛の原因としては代表的な疾患です。






症状



坐骨神経痛は中高年の方に多く見られ、お尻や太もも、すね、ふくらはぎにかけて鋭い痛みや、痺れるような痛み、筋肉の張り、冷感や灼熱館、しめつけ感などの症状が現れます。こうした症状は、足の一部だけに強く感じることもあれば、足全体に感じることもあります。

脊柱管狭窄症の場合は、少し歩くと痛みが強くなり歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる『間欠性跛行』という症状がみられます。 椎間板ヘルニアの場合は、左右どちらかの足が痛くなることが多く、両側に痛みが出ることは稀です。歩いてる時よりも座っているときに痛みが強くなることが多いです。






治療法



治療の基本は保存療法で、痛みがコントロールできない場合や膀胱や直腸などに別の障害が現れた場合には外科的療法が検討されます。



薬物療法

多くの場合、痛み止めとしてまず『非ステロイド性消炎鎮痛剤』が主に用いられます。また、痺れるような痛みなどの神経の痛みに対しては『神経障害性疼痛治療薬』、筋肉の緊張をやわらげ症状を軽くする目的で『筋緊張弛緩剤』、血流を改善して症状をやわらげる目的で『血管拡張薬』なども用いられます。



神経ブロック療法

局所麻酔薬により、痛みが神経に伝わるのをブロックする治療法です。主に整形外科、麻酔科、ペインクリニックなどで実施されます。



理学療法

運動やマッサージなど代謝機能や身体機能などの改善を目的に行う治療法です。



外科的療法

手術による治療法です。坐骨神経痛の治療では最初から手術が行われることはほとんどありませが、そのほかの治療であまり効果が見られない場合や、膀胱や直腸に障害が見られる場合は手術も検討されます。






予防・改善



坐骨神経痛は、生活習慣を見直すことで予防・改善につながります。日常生活では次のようなことを心がけましょう。 正しい姿勢を保つ 畳や床に座るときは、正座を崩す横座りや、足を両側に崩す座り方、両膝を立てる体育座りも避けましょう。イスに腰掛けるときは、足を組まずに体重が左右のお尻に均等にかかるように座りましょう。


冷えを防ぐ

坐骨神経痛を発症する要因のひとつとして腰・下肢の冷えがあります。夏でも靴下をはくなど保温を心がけ、日常的に下半身を冷やさないようにしましょう。


肥満に注意

体重の増加は腰に負担がかかります。食事に気をつけ、適度に運動をするように心がけましょう。 ストレッチを行う 坐骨神経痛では筋肉がこわばっていることが多く、無理のない程度のストレッチが効果的です。しかし、急性期の痛みが激しいときや、患部が熱を持っているような場合は、安静が基本です。




当院での坐骨神経痛の治療は?



当院では、問診や触診、神経学的なテスト法などを行い、動作時の痛みやシビレの範囲、感覚の異常、筋力低下の有無などを確認していきます。

筋力や腹圧の低下は、体幹を支える力を弱めてしまうこと、基礎となる足首やアキレス腱の歪み。それが原因で骨盤が歪んでしまったり、坐骨神経が刺激されることにつながります。

姿勢や体の癖をチェックし、現状を把握した上で、問題を解決するような施術を行っていきます。

身体
歪みを調整し、症状の改善だけでなく、再発防止まで導きます。

病院で注射をした・・・

整形外科で牽引をした・・・

骨盤や背骨を矯正した・・・

でもなかなか良くならない・・・

とお悩みになっている方、いつでもご連絡お待ちしております





飯田橋やまだ整骨院
ご予約・お問合せ
TEL 03-3234-2082
公式LINEアカウント

友だち追加

102-0072
東京都千代田区飯田橋2-6-3
プライム飯田橋1F

飯田橋駅東口、A2・A5出口から九段下駅方面
九段下駅3b出口から飯田橋駅方面
目白通り沿い徒歩5分

受付
平日
11:00~20:30
土曜
10:00~15:00
トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。